ラバーカップ使い方


トイレはつまると、水があふれて大変なことになるなど想像してしまい、焦ってしまうものです。それに伴って改善策を実践するときにも、失敗しやすくなります。また、中にはラバーカップを持っていても、使い方が分からない人も多いと聞きます。トイレのつまりは、つまらせないようにしようと意識しても、つまることもあるのです。その時に備えて、常時ラバーカップを置いている方は、使い方を知っておくと便利だと言えます。

トイレまず使い方を知る前にラバーカップの種類について見ていきましょう。トイレには和式と洋式の2種類のトイレが存在します。したがって、トイレの形式によっても使えるラバーカップの種類が異なるのです。ラバーカップの見た目の違いは、和式のものであれば先が広がっているものを使います。一方、和式のトイレでは、先端部分に出っ張りのあるものを使って、つまりを改善していくのです。このラバーカップを使うときに難しさを感じる方も多いと言われています。しかし、きちんと使い方を把握していれば使いやすくなるでしょう。使い方としては、いきなり押し込むのではなく、ゆっくりと押していきます。それ以上に押し込めなくなったら、勢い良く引っ張りあげます。コレを何度か繰り返してみましょう。うまくいけば、コポコポと音を立てて流れやすくなります。