普段トイレを使わないという人は少ないと思います。このように頻繁の使うトイレだからこそ、いざ使えなくなってしまったらかなり困ることなのではないでしょうか。トイレが詰まってしまったときに、1番よく聞くのは、水が便器の中から溢れた状態です。もし溢れ出てしまうギリギリのところで止められれば、問題はありません。しかし、そうではなく個室の床にまで溢れてしまえば、その後の片付けが大変なことになると予想されます。また、床が木製の床であった場合には、床が腐りやすくなってしまう可能性もあるのではないでしょうか

トイレでは、なぜトイレがつまってしまうといった事態になってしまうのでしょうか。普段トイレを日常的に利用している方の中には、トイレには水が張ってあることから、紙ならなんでも流せると考えている方も少なくありません。そうなってくると、トイレットペーパーだけではなく、水に溶けないタイプのティッシュを流すこともあります。水に溶けないティッシュと言えば、特に箱ティッシュを想像してみてください。中には水に溶けやすいものや、溶けると記載されているものもあります。しかし、なるべくは避けるべきです。またつまりの原因は、尿石といって排泄される尿素が汚れとして溜まるのもトイレのつまりの原因となります。続いては、改善方法について説明しましょう。